スポンサーサイト

2013.12.25 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ネイティブスピードでとにかく英語が話せるようになりたい

    2013.12.25 Wednesday

    0

      せっかく参考書をそろえたというのに、一冊終えると1ページ目の内容をほとんど忘れているような状態だったとしても、
      英語の文章を意味の塊でとらえられるようになり、苦労してひねり出していた英会話のフレーズがポンポン思い浮かぶようになる方法がこちら



      あなたも、「英会話の役立つフレーズ○○集」みたいなものを使って、英会話習得を目指したことがあるかもしれませんが、

      覚えたフレーズが使えそうなシチューションなんてほとんどやってくることがなく、悔しい思いをしたことはないでしょうか?


      もしくは、英会話スクールに通って何時間も英語のやり取りを経験し、講師とはある程度、意思の疎通ができるようになったとしても、

      講師以外の外人たちと話をしてみようとすると、お互いの言っていることがかみ合わず、歯がゆい思いをしたことはないでしょうか?





      英会話スクールに通うのは、確かにリスニング教材なんかを使うよりも強制的に「話す」トレーニングをすることができるので、

      ある程度の効果があることは間違いありませんが、だからと言って、あなたの思っているほど英語力が培われるわけではありません。


      というのも、英会話スクールの講師は、お金をもらってあなたとコミュニケーションを取っているわけですから、

      あなたの話す内容がどれだけ支離滅裂でめちゃくちゃな内容だったとしても、一生懸命に理解しようと頭を働かせてくれますし、

      あなたに話しかける際にも、普段話している口調とは全く異なり、聞き取りやすい英語にしてくれているものです。


      つまり、一般的な英会話よりも難易度がずっと下がっている分、実際の英会話の場面では使えない経験ばかりをすることになってしまい、

      お金を払って時間も犠牲にしている割には、思ったほど英会話力が身につかずに、落ち込んでしまうことになるわけです。




      スコットペリーのネイティブスピードは、ネイティブの話す英会話のスピードについていけるように新たに開発された英会話教材で、

      従来の英会話教材で実現できなかった「1分間で英単語数500以上」というテンポに耳も頭も慣れさせていくことができます。


      スコットペリーとはちなみに、リスニングパワーやネイティブスピークといった様々な英会話教材を販売しているので、

      あなたもどこかで名前を見かけたことがあるかもしれませんが、日本人に特化した英会話指導を20年以上も続けている人です。


      来日した当初は中学生向けの英語の授業のティーチングアシスタントとしてキャリアをスタートしたものの、教え子が軒並み英語力をグングン伸ばしていることが評判となり、

      今では大企業から社員向けレッスンのオファーを受けたり、芸能人にもプライベートレッスンを行うなど、

      スコットペリーのおかげですでに3000人以上が英語力を飛躍的に高めることに成功しています。




      スコットペリーは言語学者でもありますから、日本語と英語の違いを学術研究レベルで把握をしているため、電話越しで相手の発音を聞いたときでさえ、口の動かし方や舌の使い方などがどんな風に間違えているのかを正確に指摘し、

      さらに正しい発音になるためのてっとり早いトレーニング方法まで提案できるほどの英会話指導力を兼ね備えています。



      英語を聞くときの抵抗感があっさりと消えてなくなっていくスコットペリーのネイティブスピードで聞き取れる英単語量を増やすコツをこちらでも詳しく紹介しています。



      楽しいトレッキング講座 小西浩文
      香田郡秀  剣道上達革命 口コミ評価


      ネイティブスピードで日本で英語を話せるようになるには

      2013.12.25 Wednesday

      0


        あなたも薄々気が付いているんじゃないかと思いますが、英会話でリスニングを行う際、英単語一つ一つを聞き取るようなやり方をしていたら、

        聞き漏らしてしまう単語の量があまりにも多くて、結果として相手の言いたいことのほんの一部しか理解することができず、コミュニケーションがひどくずれてしまうものです。


        しかも英語では、単語と単語をつなげて発音する「ブレンディング音」という特殊な発音があるわけですから、

        一つ一つの単語の発音しか学んでいない私たちが、ネイティブの発音する英語を聞き取れないのはむしろ当然だったりするのですが、

        逆に言うと、ブレンディング音さえきちんと身に着けることができれば、英会話で聞き取らなければいけないポイントをうまく把握できるようになり、

        ちょっとくらい聞き漏らした部分があっても、言っていることの意味はだいたい理解できるようになります。




        スコットペリーさんのネイティブスピードでは、ネイティブの英会話スピードについていけるという英会話教材ですが、

        要は、ブレンディング音によってつながってしまう発音を理解することによって、結果として聞き取れる英単語数が増えるというだけです。


        たとえば「a kind of」(ア カインド オブ)をネイティブが発音すると「アカンダブ」くらいになってしまうわけで、

        スコットペリーのネイティブスピードでこうした【発音短縮のルール】を学んでいくと、どんな場合に単語がつながって発音されやすいのかがわかるようになります。


        つまり、ネイティブのブレンディングされた英会話を聞く際には、単語を一つ一つ聞き取るのではなく、

        つながって発音されるふくすうの単語を【一つの意味の塊】として捉えながら、聞き取れるようになります。


        あなたも、下のような悩みがあるかもしれませんが、


        ネイティブスピーカーのあまりにも速い英語に愕然としている

        英単語の選び方に自信がない

        英語ができる人を妬ましく思う自分が情けない

        相手の言うことをうまくキャッチできず、いつも受け損ねてしまう



        英語を聞き取るスピードを速くするためには、リスニングの仕方を根本的に変えていく必要があり、

        すべての単語を正確に聞き取ろうとしているうちは、思うように英会話が上達せず、いらいらが募るだけです。


        あなたも、英会話を「かたまり」でとらえる感覚を身に着け、耳と頭をそれに慣れさせていけば、

        ちょっと癖のある英語にもスムーズについていけるようになり、下のような結果を手に入れることができますよ。




        洋画のセリフがどんどん耳に入ってくる

        英語を話せるのが当然になってくる

        感じたことを英語でスムーズに表現できる

        自分の良いところを英語で外人に理解させることが出来る



        知識ばかりを身に着けて頭でっかちになってしまい、実際の英会話の場面になると覚えたことをほとんど活かせず、もどかしい思いをするのは今日でおしまいにして、

        ネイティブ同士が使っている生きた英会話のノウハウを身に着けていき、まるで日本語のように英語を自由に扱える感覚を楽しんでみませんか??





        スコットペリーさんのネイティブスピードで、吐き気のするような勉強のやり方は今すぐ止めて、耳にふっと入ってきた英語も聞き取れる英会話力を実に着けるにはこちら






        渡邊式顎関節症改善プログラム
        手汗止める方法
        JUGEMテーマ:英会話
        1